WordPress Ping Optimizerの設定について!届きやすいpingまとめ!

ping画像 


WordPressのプラグイン、WordPress Ping Optimizerの設定について、まとめました。

こちらを導入して、ブログ更新情報を各ブログサービスへ送信することが可能になり、SEO効果に有利になります。

以前にもこちらの記事でプラグイン情報についてまとめました。
Googleアドセンスで必須なWordPressプラグインまとめ

今回はその中のWordPress Ping Optimizerについて、まとめています。

まずPingとは、サイトを更新した情報を各ブログサービスなどに送信することで、Google、Bingなどが更新情報をアピールできるようになります。

「更新しているサイト」と認識してもらい、クローラーと呼ばれる検索エンジンをチェックするロボットが頻繁にみに来るようになってサイトのSEO効果が高まります。
(Pingについては後半に詳細を記載していますので、興味があればご覧ください)

■Ping情報はGoogleがチェック
ping仕組み 

記事を更新した際に、このPing情報をまとめて送ることができるプラグインがWordPress Ping Optimizerであり、こちらをインストール後、届きやすいプラグインを貼り付ければ設定が完了です。

それでは実際にこのプラグインのインストール・設定をしてみましょう。

管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。
ping設定 


「WordPress Ping Optimizer」と入力して、検索する。
ping追加 


「WordPress Ping Optimizer」が検索結果に出てくるので、これを「インストール」完了後、「有効化」して、「インストール済み」となることを確認。
pingインストール完了 


インストールまで完了したので、以下のping情報をコピーする。

届きやすいping一覧(コピペして貼り付けてください)

http://rpc.technorati.jp/rpc/ping
http://ping.amagle.com
http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blog.with2.net/ping.php
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://bulkfeeds.net/rpc
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY
http://ping.blo.gs
http://ping.bloggers.jp/rpc
http://ping.bloggers.jp/rpc
http://ping.blogoon.net
http://ping.blogranking.net
http://ping.dendou.jp
http://ping.fc2.com
http://ping.dendou.jp
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc
http://ping.namaan.net/rpc
http://ping.rootblog.com/rpc.php
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.speenee.com/xmlrpc
http://ping.myblog.jp
http://ping.maplog.jp
http://ping.kutsulog.net
http://audiorpc.weblogs.com/RPC2
http://taichistereo.net/xmlrpc
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://rpc.blogrolling.com/pinger
http://rpc.pingomatic.com
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://www.accelanavi.com/anavi/ping.php
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates


コピーしたら、管理画面に戻り、「設定」⇒「WordPress Ping Optimizer」をクリック。

以下の箇所にコピーした内容を貼付けて、「Save Settings」をクリック。
ping貼付け 

これで設定が完了しました。

記事を更新した後に、更新情報が飛んでいることが確認できればOKです。

参考情報 Pingを体感してみよう!

ping画像 

参考情報として、pingを実際のPCから飛ばしてみて、どういうものなのか、イメージして頂きたいと思います。

windowsをお使いであれば、左下のメニュー「スタート」の検索にて「cmd」と入力+Enter
start画面 


すると、コマンドプロンプトが開きます。
コマンド画面 


ここで、IPアドレス情報を取得するコマンド「ipconfig」と入力+Enterで、IPアドレスが分かります。
ipconfig 


次に、実際にpingを送信したいと思います。

上記で取得したIPアドレスを使用して「ping “IPアドレス”」を入力(ping 192.xx.xx.xx)して、pingの送受信結果が取得。
ping結果画面 


こんな感じでpingをご自信のPCからも飛ばすことができます。

(今回設定したping情報はPCから飛ばしても、設定の関係でうまく送信できないかもしれません)


さて、今回はpingについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。

正直なところ、今回の内容は「ざっくり」で問題ないかなあと思います。

どのping情報が有効であるか、といったものは検証は難しいので、そのまえにアドセンス記事のコンテンツを充実させるのを優先したらいいのかなあと私は考えています。

余裕ができたら、pingについて勉強してご自信で検証してみるのがいいかもしれません。

WordPressプラグインまとめに戻る

関連する記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ