手動ペナルティ対策でツイッターのつぶやきを引用する方法!

tweet 

トレンドアフィリエイトやサイトアフィリエイトを実践していても、いまだに『手動ペナルティ』が継続されている声を聞いていると、『どう対応していいのか分からない』また、『差別化ができない』と悩んでいる人もいるいと思います。

今回はその中でも実践的な対応方法として、ツイッターの引用の仕方について説明したいと思います。


サイト作成をする上でツイッターの引用を勧める理由

twit_susume 

今回、私がツイッターの引用をサイトの中で勧めるのは有名ブロガーや著名人のブログでは結構ツイッターを引用していることがわかったからです。


現状、アフィリエイターの中には実践している人は非常に少ないので、実践するだけでも差別化になると思います。


その一例として、こちらのブログが参考になります。
市況かぶ全力2階建

上記のサイトの各記事を見て頂くと、コンテンツがすべてツイッターの引用になっていますね。

ただ、それぞれの記事を見てみると非常に面白い内容になっています。


本当の意味でのオリジナル性はタイトルのみですが、記事の中身はツイッターのつぶやきだけになっています。

極端な話だと、これでもコンテンツとして成り立ってしまうということです。

もちろん、タイトルに見合ったつぶやきを拾ってこなければなりませんので、地道につぶやきを探す必要がありますが、

他のアフィリエイターがあまりやっていないので、ぜひとも実践してみるようにしましょう。


ツイッターのつぶやきをサイトに引用してみよう

zisen 


それでは実際につぶやきをサイトに引用させて、記事の中に表示させていきましょう。

まず、ツイッターにログインしたら、右上の検索まどから検索ワードを入力します。

今回は『手動ペナルティ』で検索してみました。
twi_kensaku 


すると、検索ワードをつぶやいているユーザーが出てきました。
twi_kenkekka 


その中から1人を選択してみることにします。

右下の『その他』をクリックします。
twi_choise 


次に、『ツイートをサイトに埋め込む』をクリック。
twi_umekomu 


ツイートの埋め込むコードが出てきたので、これをコピーします。
twi_ume_pre 


次に、WordPressの投稿一覧画面で、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。
つぶやき貼り付け 


すると、貼り付けたつぶやきが以下のように表示されます。



あとは、気になったつぶやきをいくつか拾ってくれば、ブログに引用して行けます。




一度慣れれば、作業としては非常に簡単ですので、ぜひ実践してみてください。


そもそもツイッターのつぶやきを引用して問題はないのか?

ques_twee 

次に、『ツイッターのつぶやきを引用して問題ないか?』という点についてお話したいと思います。

こちらのサイトによく内容がよくまとまっています。
http://matome.naver.jp/odai/2135517948449771301


色々と規約を見てみると、『基本的には引用してOK』というで、そもそもtwitterというのは公共の場で使用するものなので、引用しても問題はないということです。

ただ、その分当事者間で何か問題が起こっても『自己責任』ということになりますので、引用するつぶやきの内容には注意しましょう。


例えば、誹謗・中傷するような内容を引用してしまうと、サイト管理者本人も中傷された方からクレームや、場合によっては訴えるケースがあるかもしれません。


つぶやく内容については、よく注意して選択するようにしましょう。


まとめ


今回はツイッターの引用の仕方についてまとめてみました。


実際にツイッターのつぶやきを記事に引用してみると、

・アフィリエイターで実践している人が少ない(他のサイトと差別化ができる)

・文字数が稼げる

・引用するとサイトの印象が変わる


というメリットがあることが分かりました。

また、記事を作成するときもただ、引用するだけではなく、それを踏まえて自分の意見をきちんと書くことが重要なのは言うまでもありません。

そもそも、ツイッターのつぶやきの引用を実践してる人が少ないので、ぜひ実践していっていただきたいのですが、引用するときもただ引用するのではなく、より面白い、よりインパクトのあるつぶやきを引用して、自分の記事に反映していくようにしましょう。

ただ、引用している中で、ありきたりな意見ばかりの時もあると思いますので、それを引用した上で、自分自身が記事の中で『他の人が言わなそうな意見』を書いていき、より独自性のある記事にしていきましょう。

次回以降で、他人が言わなそうな『独自性のある意見』を書くにはどうしたらいいか、まとめていきたいと思います。

関連する記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ